洗浄効果を” 数値 ”でわかる安心!「ATP測定器」

洗浄の効果を、ATP測定器を使って「数値」でも証明します。

洗浄の効果はお客様の目でも確認できますが、数値でも証明します。

ATP測定とは、「衛生状態の判断の衛生検査ツールとして使われています。この方法を利用して、食品業界医療機関などでは器具の汚染調査、清浄度調査などに利用されている。すべての生物の細胞内に存在するATP(アデノシン三リン酸)を酵素などと組み合わせることで発光させ、その発光量を測定する方法のことです。ATPふき取り検査とも呼ばれ、水中の汚染度を計測する機械です。汚染度が高いほど雑菌の繁殖率も高くなります。」

ATP測定器の数値の目安は?

公共浴場などでは下記の基準で衛生管理をしています。

0 ~ 25RLU 安全ゾーン
26 ~ 80RLU 要注意ゾーン
81RLU以上 要改善ゾーン
ATP測定

「風呂釜洗浄PRO」洗浄例のATP測定検査。

ATP測定、洗浄前3997個

(洗浄前 3,997RLU)

洗浄前のATP測定では、3,997RLUを示しています。

早速、風呂釜洗浄PROで徹底洗浄です。

ATP測定、洗浄後10個

(洗浄後 10RLU)

洗浄後ではなんと10RLUまで、除菌・洗浄ができました。

これで今夜から安心で楽しいバスタイムがすごせます。

ATP測定とは?

ATP測定の数値の「RLU」の単位は、生物の細胞内に存在するATP(アデノシン三リン酸)を酵素などと組み合わせて発光させ、その発光量(Relative Light Unit=RLU)です。